Mayu GontoMayu Gonto

2022年

CATEGORY

ARCHIVE

2022年8月14日

Atachitach with 3日満月 ダンス公演「PeepHole」

Atachitachiのおふたり、飯森沙百合さんと西山友貴のさんの溌剌としたダンスには、私にとって深い深い共感があります。

それから、ふたりはどんな世界にもおおきくおおきく手を広げて、彼女たちなりの正しさを信じて踊っています。それはとても美しいし、その美しさをふたりだけのものにしないで開いてくれていることに感動します。

私は色々と美しいものを、自分だけの宝物にしがちなので、キラメキをたくさんの人に分けてくれるAtachitachiを尊敬しています。

そんな2人とお届けする舞台!音楽は生演奏で3日満月が担当いたします。ぜひ体感していただきたいです。

大ベストセラー小説「悪童日記」をモチーフにしたAtachitachiのダンスに3日満月のノスタルジックな音楽が世界観を与え、物語が紡がれる。
楽曲は​全てオリジナル生演奏。長野在住アーティストとコラボレーションした舞台美術など本作だけの特別な空間もお楽しみに。

「PeepHole」のぞき穴。

いつかの時代、どこかの国の小さな村。双子の少年たちは練習する。鍛える。勉強する。

不条理な世の中に負けないために。真実から決して目を背けないために。全てのことを忘れてしまわないために。

真実とは、正義とは、身体に刻まれる記憶をたよりに僕らは旅に出る。

Atachitachi主催ダンス公演

「PeepHole」

2022年8月‬20日(土) 17時‬
‪                   21 日(日) 14時‬
 

上演時間約60分

(開場は開演の30分前、受付は開演の60分前)

会場:上土劇場(松本)長野県松本市大手4-7-2 

http://age-geki.jp/access/

振付・演出・出演:Atachitachi (飯森沙百合・西山友貴)

音楽・出演:3日満月 (佐藤公哉・権頭真由)

舞台監督: 長谷川暢   照明: 久津美太地   音響: サンロクレコード   衣装: Toss!   舞台美術協力: Hidari-KiKi CREATION・古道具燕

宣伝美術: YURIKA KINOSHITA   宣伝写真: Yuri Sakai   アシスタント: 渡邊絵理

チケット料金:全席自由・税込
‪一般:3,000円
U24:2,000円
高校生以下:1,000円
未就学児可・膝上鑑賞無料

(県外割あり!直接お問合せください!)

<ご予約>

◾️インターネット:https://bit.ly/3IxbIgv

◾️メール:atachi.atachitachi@gamil.com

◾️信毎メディアガーデンでも販売

<アクセス>

​上土劇場(旧ピカデリーホール)  

〒390-0874 長野県松本市大手4-7-2

2022年7月4日

夢のような本当のこと

1.そればなの{ディヌンドロ}7月14日-16日/21日-23日

大好きな「そればな」さん。グルテンフリーのお菓子と喫茶のお店です。店主の三宅さんが、ご自身が納得する素材で、たくさんの人を笑顔にするお菓子を作られています。今回は特別に、アルバムの7曲めのタイトルに登場する架空のお菓子{ディヌンドロ}を作っていただきます。6日間限定でお店に並びます。どんなお菓子が生まれてくるのでしょう・・・どんな美味しさなのでしょう・・・

そればな http://sorebana.jp/

2.栞日にて展示販売 7月10日−24日

独自の視点で文化を捉え、発信する菊地さんが営む「栞日」さん。訪れるたび、素敵な本や作品に出会えます。今回は特別に、権頭真由と阿部海太郎の、これまでのCDや関連グッズを展示販売していただきます。ぜひお手にとって、音楽を想像してください。

栞日 https://sioribi.jp

2022年6月9日

7月17日{夢みる耳は夜ごと月を包むー松本の午後にて}

ついに!アルバムを松本でお披露目いたします。
会場となる「あがたの森文化会館講堂ホール(国重要文化財)」 は、大正時代の意匠が凝らされた趣ある木造洋風建築。ここに、アルバムの制作に も携わった作曲家の阿部海太郎を迎え、ふたりの音楽と夢が奏でられます。木々に囲まれる公園「あがたの森」の上に月が浮かぶ前に。


2022年7月17日(日)

12:30 開場 13:30 開演  

出演:権頭真由 阿部海太郎

会場:あがたの森文化会館 講堂ホール(長野県松本市県3-1-1 JR松本駅より徒歩 20分 タクシー5分/松本周遊バス 東コース「旧松本高校」下車すぐ)

料金:大人 予約 3,000円 当日 3,500円
   学生 予約当日ともに 1,500円
       未就学児 無料

持ち物:あなたの夢の話(会場に夢を集める箱をご用意します。もし即興で夢が奏でられてもよろしければ箱に夢をお入れください。)

ご予約/お問い合わせ:件名を「松本の午後にて」として、本文に、(1)お名前 (2)お電話番号(3)大人、学生、小学生未満の各人数 を明記の 上、【theatremusica@gmail.com】宛にメールにてお申込みください。予約確認メ ールの返信をもってご予約完了となります。

企画/制作 torus.vil(トーラスヴィレッジ)、THEATRE MUSICA(シアタームジ カ)

     
阿部海太郞
作曲家。1978年生まれ。幼い頃よりピアノ、ヴァイオリン、太鼓などの楽器に親し み、独学で作曲を行うようになる。東京藝術大学と同大学院、パリ第八大学第三課 程にて音楽学を専攻後、舞台、テレビ番組、映画と、幅広い分野で作曲活動を行 う。音楽を手掛けた主な作品に、インバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出 『100万回生きたねこ』、『百鬼オペラ 羅生門』、森山開次演出・振付『星の王子 さま ーサン=テグジュペリからの手紙ー』、NHK『日曜美術館』テーマ曲、ドラマ 『京都人の密かな愉しみ』など。





2022年5月13日

6月12日 クリフサイド茶会記にて

{夢みる耳は夜ごと月を包む}

権頭真由solo piano concert

6月12日 日曜

茶会記クリフサイド(長野県茅野市北山北山3414−192)

13時半開場 14時開演

2500円(1ドリンク付)

ご予約:sakaiki@modalbeats.com


アルバムの曲の再現や、お客様の夢をその場で即興したり、お話ししたり、円環する時間にしたいです。緑の光の中で、奏でられますこと楽しみです。よろしくおねがいいたします。

2022年5月11日

6月5日 雲水FES

KIMIYA SATO MIKUSA BANDのメンバーとして参加いたします。四賀村から、様々な恩恵を受けている私たちです。ここに住み、活動できることに感謝。

【 雲水FES 】松本市四賀地区を拠点とする「Torus Vil.」が主催する音楽とダンスのライブ公演。首都圏から甲信地方に移住したアーティストたちが中心となり、四賀地区「ヴィオ・パーク劇場」で開催。出演者全員によるコラボレーションも発表いたします。

●日時/2022年6月5日

●場所/松本市四賀地区 ヴィオ・パーク劇場

●開場/15:00 、開演/16:00

■料金/予約 ¥3,000 当日 ¥3,500小・中学生 ¥1,000、高校・大学生 ¥2,000※未就学児無料

▶︎ご予約・お問い合わせ◀︎torusvil@gmail.com まで氏名、人数、ご連絡先をお送りください。

▶︎出演/KIMIYA SATO MIKUSA BAND

(佐藤公哉、権頭真由、荒井康太、水谷浩章、横手ありさ)音楽家・佐藤公哉を中心にしたバンド。 日本、アジアの郷土芸能や伝承歌の取材・稽古を行い、それらを元に作曲した楽曲を中心に演奏する。これまでに岩手、青森、長野、新潟でリサーチした獅子躍、剣舞、 えんぶり、虎舞、神楽、祝い歌などを元に音楽を発表。 Hibiya Festival 2021 「三陸芸能おどり」出演。2021年度長野県文化芸術活動推進支援事業として「MIKUSA PROJECT」実施。

▶︎あだばん(あだち麗三郎、伴瀬朝彦)

シンガーソングライターあだち麗三郎と伴瀬朝彦によるデュオ。お互いの持ち曲をその場その時のアレンジで演奏するスタイルで、全国各地で不定期にライブ活動を行っている。マルチプレイヤーである二人はバンド「片想い」のドラム、ベース担当でもある。

▶︎大宮大奨(Dance)

ダンサー、振付家、映像作家。18歳よりNYを拠点に活動。13年伊インターナショ ナル·ダンス·フェスティバルにて日本人初新人振付家として優勝。14年米NYにてジェイディン·ワン·アワード受賞。 16年シバナンダヨガ講師資格取得。フリーランスのダンサー・パフォーマーとして、シディ・ラルビ・シェルカウイ、インバル・ピント&アブシャロム・ポラック、エラ・ホチルドなどの作品に出演、振付に携わる。東京オリンピック2020競技大会・開会式にて森山未來氏に振付。sacai×NIKE×clot 振付を担当。▶︎音響/三浦実穂、照明/キムG【ヴィオ・パーク劇場 】 長野県松本市刈谷原町西ノ沢392-1 TEL : 0263-64-2258*松本駅・安曇野市街から車で30分。*上田駅から車で60分。*松本市街よりアルピコ交通バス四賀線「四賀支所」行きにて「刈谷原」バス停下車、トンネル方向に徒歩1分。*駐車場に限りがあるため、乗り合わせでのご来場にご協力ください。

企画:Torus Vil. https://torusvil.com/FB:https://www.facebook.com/torusvil

フライヤーデザイン:五加文子

2022年4月6日

{syagumayuri}

https://syagumayuri.bandcamp.com/

ちいさいひとたち ありがとう

あなたたちとのわすれたくない できごとを ぴあのにおはなししてるのよ

{音のてらこや 作品集}

音楽のサーカス「音のてらこや」メンバーによる歌たち。

東京で5年の活動ののち、団長らふたりは山村へ・・。

現在、山村でも朗らかな意気を受け継いで、たくさんのメンバーが歌を生み出しています。

{ 夢みる耳は夜ごと月を包む}

https://ssm.lnk.to/Enadlttmw

2022年3月31日

夢みる耳は夜ごと月を包む

2022年3月19日 ソロアルバムをリリースいたしました。

ぜひお手にとって楽しんでいただきたい作品です。

contactよりお問い合わせ・ご注文くださいませ。

また以下のお店で取り扱っていただいています。どちらも大変魅力的なお店です。

阿部海太郎オンラインショップ

雨と休日(八王子)

アコテ(代々木上原)

twililight  (三軒茶屋) 

栞日  (松本)

KAMIORI KAORI (岡山)

音の雑貨屋 切り株 (富士見)  

配信でもリリースしております。

https://ssm.lnk.to/Enadlttmw

鍵盤の上で夢がまざる

写真:三田村亮

3月の満月の翌日、{ピアノは夢を象りはじめる}と題し、アルバムのお披露目会を催しました。

「夢みる耳は夜ごと月を包む」が、いよいよ誰かの手に渡ってゆく日です。

今日の、この大変な世の中で、夜みた夢の音楽を紡ぐことが許されるのかどうかー、思いあぐねたまま当日を迎えました。

写真:三田村亮

本当に佳い時間にしていただきました。nicolasという場所。たくさんの方がご来場くださったこと。制作ドリームチームが集まってくれたこと。インバルの最初の絵を展示できたこと。夢の中で気に入りだったお菓子を食べられたこと。twililightでの関連展示。雨が、風が、はりきりすぎずいてくれたこと。すべてありがとうございました。

写真:佐藤公哉

テーブルに置いた紙に、お客様の夢を書いていただき、その夢をピアノで奏でました。

どなたか夢をお分けくださるかしらん?と思っていましたが、たくさんの方の夢を奏でることになりました。全44曲。

語られるのではなく書かれることで、夢はより詩情を帯びて、その人が主演を務める夢の風景は、どれも劇的に想われました。その風景を、ピアノで撫ぜる感じでした。怖い夢や甘酸っぱい夢、不思議な夢、哀しい夢、官能的な夢、不快な夢、切ない夢、何度も見る夢、安心する夢・・・

聴きながら、誰かの夢を体験する、優しいけど秘密めいた時間となりました。

夢を弾くことを、これからも続けてよいと許されたようで、安心しました。

レーベルの海太郎さん、デザインの島田さん、録音の佐藤公哉のお話しも、とても嬉しかったです。

そして、みんなで味わったディヌンドロ!ディヌンドロとは・・

それは また、あらためて。

ありがとうございました。

写真:三田村亮